Helperを使いこなそう

おはようございます。

本日はHelperについての説明をしていこうと思います。

Helperって何?

Helperとは文字通りHelp、助けてくれるものです。
では、何を助けてくれるかと言うと、それはViewをよりシンプルに書くのをです。

Helperの例

<%= form_tag %>
<%= f.submit %>
<%= link_to %>
などはみなさん使ったことはありますよね?
これ全部Helperなんです。

Helperを使うメリット

複数のviewに似たような記述がある時まとめる事ができる

例えば次のようなコードがあったとします。

<h1>Helper</h1>
<a href="#">Helper</a>

など、複数に渡って同じ文字が書かれてるとします。同じ文字を何回も書くのは面倒ですよね。こんな時にHelperを使います。

def test
Helper
end
<h1><%= test %></h1>
<a href="#"><%= test %></h1>

このようにHelper内で関数として定義して、viewで関数を呼び出します。
関数としてまとめる事で修正する時も関数を修正するだけなので手間が省けます。

今回はHelperについて紹介しました。
僕もまだtutorialを始めたばかりなのでアドバイスなどありましたら、どんどん聞かせてください。

今日はありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です